イワノマメ 岩澤豆樹のブログ

WEB上で『姉の中二病喫茶が潰れそう』というラブコメ・ライトノベルを書いている岩澤豆樹のブログです。

『家庭教師と教え子』 ―ビジュアルノベル―

f:id:iwasawamamenoki:20160806180342p:plain

『家庭教師と教え子』というビジュアルノベルです。

数年前に練習で制作したビジュアルノベルで、
フリー素材を利用させていただきました。

お暇な時にでもどうぞ。
3~5分程度で読めるショートストーリーです。

選択分岐などはありません。

※ダウンロード不要・ブラウザ上で楽しめます。
ただし『Google Chrome』にてご利用ください。
音楽はついていません。

 

★こちらより→ novel_03 『家庭教師と教え子』

 ※ずいぶんほったらかしにしているので、サイト上に広告が表示されまくります。すみません。

 

 

【本文】
『家庭教師と教え子』

薫子(かおるこ)の家庭教師になってから、半年が経っていた。

@薫子
「先生、今日もありがとうございました」

@オレ
「ああ、お疲れさま」

数学に関して彼女は、
オレが思っていた以上に飲み込みが早い。
この分だと、
今月中にはもう、高校三年生の範囲まで、
終わってしまいそうな勢いである。

薫子はまだ二年生なのに、
来月からいったい何を教えよう……。

@薫子
「ふう~。先生、今日も勉強疲れたね」
「チョコレート食べよ」
「はい、これは先生の分」

@オレ
「ありがとう」

@薫子
「クラスの子にもらったんだけど」
「どこか外国のチョコらしいよ」

高級そうな包み紙を剥がすと、
オレはチョコレートを口に放り込んだ。
授業で疲れた脳を、ジンワリと包み込んでくれるような、
そんな濃厚な甘さ……。

ううっ、甘すぎるっ!

海外のチョコっていつも、
こちらが予想している甘さを遥かに、
オーバーランしてくる気がする。

@薫子
「せん……ちぇい……」

@オレ
「うん?」

@薫子
「……わぁらしぃ、なんらか……」
「顔がポカポカしゅる……」

@オレ
「えっ?」

@薫子
「暑いっ!」

薫子は急に上着を脱ごうとしはじめた。
オレは慌てて止めに入る。

@オレ
「ちょっ……薫子くん」

@薫子
「うふふっ」

薫子の様子がおかしい。
オレは彼女が食べたチョコの包み紙を目にする。

@オレ
「これ……ウイスキーボンボンじゃないかっ!」
「オレのは、普通のチョコだったのに」

@薫子
「うふふっ……ちぇ~んちぇいっ!」

酔っぱらった薫子が俺に抱きついてきた!

……こ、この状況は非常にマズいっ!

今、タイミング悪く、誰かが部屋に入ってきたら、
オレはきっと、家庭教師を首にされてしまう!

@薫子
「ねえ、ちぇんちぇい……」

@オレ
「はい……」

@薫子
「きっ、キスの授業は……まだれすか?」

@オレ
「はっ!?」
「しないしない、そんな授業しないよ!」

@薫子
「ケチ……」
「わらしたち……もう」
「こんなに仲良しさぁんなんらからぁ」
「キスすればいいじゃんっ!」

@オレ
「完全に酔っぱらっていますね」

@薫子
「あのね、先生ぃ……わらしはぁ~」
「家庭教師の二股はいけないと思いますっ!」

@オレ
「……はい?」

@薫子
「先生がぁ、わらし以外の生徒を教えたら駄目れしょ?」
「それ、二股だよ?」
「先生は、生徒何人担当してんのぉ?」

@オレ
「五人だけど……」

@薫子
「五人っ!」
「二股どころか……五股なんて!!!!」

「…………」

「ガクっ……」

 

どうやら薫子は、気を失ったようだった。

 ―おわり―

 

※このビジュアルノベルについて。
制作には、フリー素材・フリーソフトを利用させていただきました。

本作品は『シケモクMK様』開発のゲームエンジン『R9』を使用させていただきました。

キャラクター作成にあたって、『緋龍華 麒麟様』の『キャラクターなんとか機』を使用させていただきました。

背景イラストは、『優月薫様』のイラストサイト『Snow Bloom』より使用させていただきました。

上記ブログ画像のフォントは『あずきフォント』を使用しました。

Copyright © 2016 Mamenoki Iwasawa All Rights Reserved.